形而上学とは何か? 簡単に意味を解説

哲学

形而上学 (けいじじょうがく) は学問の世界でよく聞かれる言葉である。ただ、日常的にこの言葉を使うことは少なく、意味が分からない人もいるのではないだろうか。

今回の記事では、形而上学の意味を専門用語を使わないで理解しやすく解説する。また、関連性の深い形而下学 (けいじかがく) についても同様に説明していこう。

形而上学とは

ここでは、形而上学の意味について、「辞書での定義」「分かりやすく解説」の2項目を使って、誰でも理解できるように説明する。

辞書での定義

形而上学の辞書での定義は次のようになっている。

①存在者を存在者たらしめている超越的な原理、さらには神・世界・霊魂などを研究対象とする学問。第一哲学。

②客観的実在やその認識の可能を端的に認める哲学的立場。不可知論や実証主義の立場から独断論や実在論を称した語。

③事実を離れて抽象的なものにだけとどまる議論を揶揄(やゆ)していう語。

Weblio辞書 形而上学より

辞書での定義を見ると、「哲学」と関係性が深い言葉だと分かる。ただ、これだけだと意味は理解しづらいので、次項で更に噛み砕いていこう。

分かりやすく解説

形而上学とは、簡単にいえば「思考や精神などの目に見えないものを追求する学問」のことである。私たちが普段住んでいる物質的な世界と正反対の、内面的世界を追求するのが形而上学といってもよいかもしれない。

これはつまり、物事の本質を追求する哲学的なものの見方だ。物凄く単純化すれば、「形而上学≒精神世界≒哲学」と考えることもできるだろう。

また、さらに言葉の意味を細分化すると、下記の通りとなる。

形而上

精神や思考など目に見えない内面的な世界のこと。

形而上学

「形而上」(精神や思考の世界) を学問として追及すること。(≒哲学)

形而上学的

「形而上」(精神や思考の世界) を体系的にまとめたり、論理的な言葉で説明したりすること。(≒哲学的な考え方や態度)

形而下学とは

形而下学 (けいじかがく) は、形而上学 (けいじじょうがく) とセットで使われることが多く、関連性の深い言葉である。

ここでは、「辞書での定義」「分かりやすく解説」の2項目を使って、形而下学の意味について説明していこう。

辞書での定義

形而下学の辞書での定義は以下のようになっている。

形而下学は、実体のない原理を研究の対象とする形而上学の反対であって、実体のあるものを対象とする応用科学の学問。

Weblio辞書 形而下学より

辞書での定義から分かるのは、形而下学は形而上学の対義語 (正反対の意味を持つ言葉) ということである。

また、応用科学の学問とする文言もある。これについては、次項でさらに分かりやすく説明していく。

分かりやすく解説

形而下学とは、簡単にいえば「物質的な世界を対象とする学問」のことである。このような学問の具体例としては、科学や物理学が挙げられる。

また、物質的な世界とは、私たちが実際に何かを手に取ったり、触れたりできることを指す。つまり、私達の目に見えている現実の世界を対象にする学問が形而下学と考えてもよいだろう。

物凄く単純化すれば、「形而下学≒物質世界≒科学」である。さらに言葉の意味を細分化すれば、下記の通りとなる。

形而下

手に取ったり、触れたりできる物質世界のこと。たとえば、テレビや本などの形あるものが存在する世界は形而下である。

形而下学

「形而下」(物質世界) を学問として追及すること。(≒科学など)

形而下学的

「形而下」 (物質世界) を対象にして、知識を体系化したり、論理的な言葉で説明 (証明) したりすること。(≒科学的な考え方や態度)

意味自体は難しいものではない

形而上学は言葉の響きから難しく感じられるが、(日常生活の文脈で使う程度なら) 意味自体は複雑なものではない。

対義語である形而下学も同様である。最後にこれまでの情報をまとめて終わりとしよう。

「形而上」は精神など目に見えない世界を指す言葉。それを学問として探求するのが「形而上学」、主に哲学のこと。

「形而下」は実際に触れられる物質世界を指す言葉。端的にいえば私達が普段生きている世界全般。それを学問として探求するのが「形而下学」、主に科学のこと。

コメント

最近のコメント

    タイトルとURLをコピーしました